胃潰瘍

胃潰瘍は痛みをともない、酷くなれば胃に穴が開くほどの重症になります。吐血や下血も起こりうる胃潰瘍。具体的な症状や原因についてレポートします。

胃潰瘍ってどんな症状?

胃潰瘍とは、胃壁がただれた状態です。みぞおちのあたりに腹痛があり、とくに食後に痛みが生じやすいのが特徴です。ただし胃潰瘍にかかっていても、まったく痛みを感じない人もいます。その場合は胃潰瘍の症状が進行し、胃に穴が開いてしまうこともあります。

痛みのほかには、胃酸過多による胸やけ・げっぷ・吐き気・嘔吐といった逆流性食道炎と同じような症状が起こります。食欲不振となり、その結果やせてしまうことも。

さらに症状が進むと吐血し、血圧が低下したり胃に激痛を感じることもあるのだとか。どす黒い血便が出ることもあります。潰瘍のできた場所の血管が破れてしまうからです。

膵臓にまで炎症が及ぶこともあり、この場合は背中も痛くなります。

このように胃潰瘍は、放っておくとどんどん症状が進む病気です。できるだけ早く対処し、症状が軽いうちに直すことが大切です。

胃潰瘍の主な原因

以前は暴飲暴食によって起こると思われていた胃潰瘍ですが、現在はピロリ菌が発症に深く関わっていると考えられています。実に原因の7割はピロリ菌によるという報告もあります。

ピロリ菌は口から感染すると言われていますが、感染すると慢性胃炎を起こし、炎症の一部が潰瘍となります。ピロリ菌を除去し、胃潰瘍や胃炎になっている場合は抗生物質を服用する治療法がとられます。

ストレスも原因の一つです。とくに急激なストレスによって急性胃潰瘍を起こすことも。刺激の強い食べ物や飲み物、コーヒーや喫煙、アルコールも原因となります。

痛み止めや薬の副作用も原因です。とくに最近では解熱鎮痛剤によって引き起こされるNSAIDs潰瘍が問題になっています。解熱鎮痛剤によって胃壁が荒らされ、その部分に潰瘍ができるというもの。アスピリンなど抗凝固剤も胃壁を荒らします。

薬には副作用がつきものなので、もし服用が必要な人は、定期的に胃カメラなどで胃壁のチェックを行ってください。

胃潰瘍の効果的な改善方法

まずは普段の食生活を見直してみましょう。暴飲暴食に思い当たることがある場合、それをやめるだけでも症状が収まることがあります。

また、ストレスを溜め込んでいないか考えてみてくださいね。ストレスの原因を取り除いたり、適度に体を動かしてストレス発散を心がけるのもおすすめです。

そして特に効果的とされているのが食事療法となります。 食事を取る際にはできるだけ消化のよいものを選び、ゆっくりよく噛んで食べましょう。早食いするとそれだけ胃にかける負担も大きくなります。状態が落ち着くまでは刺激の強いものは避けましょう。

また、胃潰瘍の大きな原因はピロリ菌にあるため、ピロリ菌対策をとることも重要になります。あまりにもピロリ菌の数が増えすぎている状態だとのなかなか自分の力だけで対策を取るのは難しいのですが、症状が初期段階だった場合にはピロリ菌を殺菌する働きを持ったヨーグルトを取り入れるのもおすすめです。 ヨーグルトに含まれている乳酸菌は腸や胃の環境整えるのにも役立つので、継続して取り入れましょう。

また、非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs)を使ったことが原因で胃潰瘍になってしまった場合は潰瘍の治療が優先されることもあるので、医師と相談した上で治療法について決めることが大切です。

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る