HOME » 食道・胃のトラブル症状の原因まとめ » 妊婦の方に知ってもらいたい逆流性食道炎の特徴・原因と改善策

妊婦の方に知ってもらいたい逆流性食道炎の特徴・原因と改善策

妊娠中に発生する体の不調といえばつわりを想像する方が多いかもしれませんが、逆流性食道炎に悩まされている方もいます。妊娠中は逆流性食道炎になりやすい時期だともいえるでしょう。
なぜ妊娠中に逆流性食道炎になりやすいのか、逆流性食道炎の症状や原因についてご紹介します。

妊娠中の逆流性食道炎ってどんな症状?

妊娠中に発生する逆流性食道炎も一般的なものと同じで胃液などが食道に逆流し、不快な症状を引き起こします。普段から逆流性食道炎になりやすい方だと妊娠中は更にそのリスクが高まるので注意しておきましょう。
症状として現れやすいのがゲップや胸焼けといったものです。症状が悪化するとこれらに嘔吐を伴ったり、常にお腹のハリを感じることもあります。

注意しなければならないのが、つわりとこれらの症状が重なってしまうこと。つわりだけでも辛い症状なのにそこに逆流性食道炎の症状が加われば更に体調が悪化してしまいます。しかし、逆流性食道炎の症状はつわりともよく似ていることからすべてをまとめてつわりの症状だと勘違いしてしまう方もいるようです。

一般的に妊娠中の逆流性食道炎はお腹が大きくなってから症状が出やすいので、これくらいの時期になってから胸焼けやゲップを感じやすくなった方は逆流性食道炎も疑ってみましょう。 人によっては妊娠したばかりのかなり早い段階から逆流性食道炎の症状を感じることもあります。

つわりの症状がどれくらい続くのかは人それぞれです。ですが、遅くても16週頃になるとほとんどの方がつわりの症状を感じなくなるので、これを過ぎてもひどい胸焼けやお腹のハリを感じる場合は逆流性食道炎の可能性もあります。自分の症状がつわりなのか逆流性食道炎なのかわからない場合は直接医師に確認しておくと安心です。

妊娠中の逆流性食道炎の主な原因

妊娠をすると逆流性食道炎になりやすくなる大きな理由ともいえるのが、ホルモンバランスの変化によるものです。妊娠中は他の時期とホルモンバランスが異なり、体に様々な変化をもたらします。
黄体ホルモンでもあるプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が増えるのですが、プロゲステロンには消化機能を弱らせる働きがあるほか、胃液や消化中の食べ物が逆流してこないように働いている筋肉を緩める作用があるのです。

これにより胃液などが逆流しやすい状態になるほか、赤ちゃんが育ってきて子宮が大きくなることも関係しています。子宮が大きくなればその分、胃は常に下から圧迫されている状態になるため、逆流性食道炎の症状を感じやすくなるのです。

こういった理由に加え、ひどいつわりに悩まされていた方の場合はつわりで嘔吐した際に喉や食道が炎症を起こし、これが原因で逆流性食道炎になることもあります。つわりで嘔吐を繰り返していた方は逆流性食道炎のリスクが高まっている状態だともいえるでしょう。
妊娠前に逆流性食道炎になりやすかった方だけでなく、妊娠後に初めて逆流性食道炎の症状を感じる方もいるので、どちらも注意が必要になります。

出産後はホルモンバランスが徐々に元の状態になり、プロゲステロンの分泌量も正常に近づいていくので逆流性食道炎の症状も治まる方が多いのですが、妊娠中のひどい逆流性食道炎に悩まされているのであれば早めに対策を取り入れてみましょう。

妊娠中の逆流性食道炎の効果的な改善方法

妊娠中に発生している逆流性食道炎を改善するためには次のような方法が効果的です。

食生活の改善

普段から食べ過ぎの傾向にある方は腹八分目を心がけるだけでも症状が改善することが多いです。また、食事内容自体も見直してみましょう。脂っこいものばかり食べていたり、糖質の多いものやお菓子を食べることが多い方は改善が必要です。
逆流性食道炎の症状を感じているときは刺激物も避けた方が良いので、コーヒーや炭酸、辛いものなどはおすすめできません。

妊娠中は普段以上に食欲が出てくることもありますよね。しかし、暴飲暴食は逆流性食道炎の大きな原因になります。できるだけお腹に優しいものを選び、食生活には十分注意をしましょう。 積極的に取り入れたいのがチーズやヨーグルト、牛乳などの乳製品です。これらは胃の粘膜を保護してくれるだけでなく、胃酸が分泌され過ぎるのを防ぐ働きもあるのでバランスよく取り入れてみましょう。

服装の見直し

妊娠中に体にフィットした服を着るのはおすすめできません。特にお腹を圧迫するような服装を選んでしまうと胃が締め付けられて逆流性食道炎に繋がりやすくなります。

妊娠中の逆流性食道炎で注意したいことが、自己判断で薬を飲むのは避けた方が良いということ。胃腸薬がすべてNGなわけではないのですが、妊娠中は強い薬が飲めないので自己判断で選ぶのではなく、産婦人科で相談をして適切な薬を処方してもらうことが大切です。
不快な症状に悩み、ストレスを感じすぎてしまうとお腹の中の赤ちゃんにとっても良くないので早めに対策を取りましょう。

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る