胃酸過多

胃酸過多は逆流性食道炎の代表的な症状ですが、逆流性食道炎にかかっていなくても起こることがあります。症状と原因をまとめました。

胃酸過多ってどんな症状?

胃酸とは、胃の中にある酸のことです。胃の中に入った食べ物を消化してくれるほか各種菌の殺菌も行ってくれる強力な酸で、肉の塊などもこの強力な胃酸のおかげで消化できます。

皮膚までも溶かしてしまう胃酸ですが、胃は溶かされません。なぜなら胃には胃粘膜という膜があり、その膜が胃を覆っているからです。

食べ物を消化するのに欠かすことのできない胃酸ですが、なんらかの理由で胃酸の分泌が活発になりすぎ、胃酸の量が増えすぎてしまう胃酸過多という状態になります。増えすぎた胃酸は胃粘膜を攻撃して傷つけたり、胃に炎症を起こしたり、胃潰瘍の原因になることもあります。

胃に炎症が起こると胃が痛みを感じたり、胃酸が逆流して胸やけが起こります。げっぷや呑酸のほか、上がってきた胃酸が口臭となってあらわれることも。食欲不振やのどの不快感などを生じさせることもあります。

ひどくなると吐き気や嘔吐をもたらすこともあり、体力も奪いかねません。

胃酸過多の主な原因

胃酸過多の原因としては、逆流性食道炎を除けば次のようなものが考えられます。

自律神経のバランスの乱れ

ストレスを受けるなどして自律神経のバランスが崩れると胃酸の分泌が活発になって胃酸過多の状態になります。

高ガストリン血症

胃の出口付近にある幽門前庭部からはガストリンというホルモンが分泌されています。しかし胃の中にピロリ菌がある場合、ガストリンの濃度が濃くなって胃酸過多が起こる高ガストリン血症になることがあります。

刺激の強い食べ物の過剰摂取

香辛料やコーヒー、アルコールなどを摂りすぎると胃酸過多になります。食べ過ぎや飲み過ぎも胃酸を増やす原因の一つです。

病気

逆流性食道炎以外の胃酸を増やしてしまう病気としては、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・ゾリンジャー・エリソン症候群・胃幽門前庭部空置症候群・副甲状腺機能亢進症などを挙げられます。

胃酸過多の効果的な改善方法

胃酸過多の原因は一つではありませんが、まずは食べ物・飲み物から見直してみるのが効果的です。特に刺激の強い食べ物を取りすぎていないか確認してみましょう。

香辛料が多く含まれているものだけでなく、毎晩晩酌をしている方は少し控えているというのもおすすめです。アルコール類は胃にかける負担が大きいため、できるだけ適量を心がけましょう。 アルコールは適量であればそれほど大きな問題はありませんが、毎晩飲みすぎているなと感じているのであれば、それが胃酸過多の大きな原因に繋がっている可能性もあります。

次に考えたいのがストレスの問題です。自分で気づかないうちにストレスをため込み、自立神経が乱れた状態になっている方もたくさんいます。胃酸過多は自律神経バランスの乱れによっても発生するので、特に食べ過ぎや飲みすぎといった自覚はないものの、なぜか胃酸過多になっているということであればストレスを疑いましょう。

また、胃液が上がってきている状態を抑えることにより症状が和らぐので、こまめに水を飲んで胃酸を洗い流すのも効果的です。

胃酸過多で辛い状態を我慢し続けるのはとても良くないことなので、薬を飲むなどしてしっかり対策をとりましょう。

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る