胃酸過多

胃酸過多は逆流性食道炎の代表的な症状ですが、逆流性食道炎にかかっていなくても起こることがあります。症状と原因をまとめました。

胃酸過多ってどんな症状?

胃酸とは、胃の中にある酸のことです。胃の中に入った食べ物を消化してくれるほか各種菌の殺菌も行ってくれる強力な酸で、肉の塊などもこの強力な胃酸のおかげで消化できます。

皮膚までも溶かしてしまう胃酸ですが、胃は溶かされません。なぜなら胃には胃粘膜という膜があり、その膜が胃を覆っているからです。

食べ物を消化するのに欠かすことのできない胃酸ですが、なんらかの理由で胃酸の分泌が活発になりすぎ、胃酸の量が増えすぎてしまう胃酸過多という状態になります。増えすぎた胃酸は胃粘膜を攻撃して傷つけたり、胃に炎症を起こしたり、胃潰瘍の原因になることもあります。

胃に炎症が起こると胃が痛みを感じたり、胃酸が逆流して胸やけが起こります。げっぷや呑酸のほか、上がってきた胃酸が口臭となってあらわれることも。食欲不振やのどの不快感などを生じさせることもあります。

ひどくなると吐き気や嘔吐をもたらすこともあり、体力も奪いかねません。

胃酸過多の主な原因

胃酸過多の原因としては、逆流性食道炎を除けば次のようなものが考えられます。

自律神経のバランスの乱れ

ストレスを感じたときに限って胃酸過多を実感する方も多いようです。この大きな理由ともいえるのがストレスによって自律神経のバランスが乱れ、胃酸の分泌が活発になるということ。自律神経は胃酸の分泌を管理する大切な役割を持っています。しかし、自律神経はバランスが乱れやすく、それが原因で必要以上に胃酸が作られて胃酸過多につながることもあるのです。

自律神経のバランスが乱れる原因は様々なのですが、特に大きな問題がストレスにあります。ストレスを全く感じずに生活することは難しいのですが、胃酸過多を感じているのであれば日々の生活の中で何をストレスに感じているのか理解し、それを改善させるための対策を取り入れることが重要です。

自律神経には交感神経と副交感神経があるのですが、これらがそれぞれバランスを取り合うことにより胃酸と胃の内部に作られる粘液のバランスを保っています。ストレスを感じて胃酸過多の症状があれば自律神経のバランスが乱れていることを疑いましょう。

高ガストリン血症

ガストリンとは胃の出口付近にある幽門前庭部から分泌されているホルモンのことです。このガストリンは胃の分泌機能を刺激する働きを持っています。胃酸はガストリンが増えすぎないように抑制する働きを持っているため、お互いがバランスを保てていれば胃酸過多になるようなことはありません。

しかし、ガストリンが分泌されすぎてしまうと胃酸の分泌を必要以上に促すことになってしまいます。ガストリンの分泌量が増える大きな原因ともいえるのが胃の中に生息しているピロリ菌によるものです。ピロリ菌が胃に感染して炎症を起こすと胃の出口付近で作られているガストリンが血中に放出されてしまいます。

このような原因により正常値以上に血中のガストリン濃度が濃くなることを高ガストリン血症というのですが、高ガストリン血症になると胃酸過多につながるため、注意が必要です。

刺激の強い食べ物の過剰摂取

刺激の強い食べ物は胃に大きな負担を与えます。香辛料やコーヒー、アルコールといったものも胃に負担をかけるため、取りすぎないように注意しておきましょう。

他にはカレーや唐辛子、キムチ、わさび、にんにく.レモンなどの柑橘類、梅干なども胃に与える負担が大きいので胃酸過多を感じているときは避けておいたほうが無難です。胃の状態がかなり悪化している状態だと健康な胃にとって負担にならないようなものも刺激物になることがあります。 カフェインを含むココアや緑茶を飲んだだけでも胸焼けを感じる方がいるので、胃酸過多に悩んでいる方は普段口にしているものを見直してみることも大切です。

辛いものや酸っぱいものなどにより胃が刺激を受けると胃酸がたくさん分泌される状態になります。これにより胃酸過多につながることがあるのです。 また、刺激の少ない食べ物・飲み物であっても食べすぎ・飲みすぎは胃に大きな負担をかける形になり、胃酸過多を招きます。

病気

胃酸過多になる原因の一つとして挙げられるのが病気によるものです。もちろん、胃酸過多の症状があったからといって必ずしも何か病気にかかっているわけではありませんが、可能性のある病気についてご紹介するのでチェックしてみてくださいね。

胃潰瘍

胃潰瘍を引き起こす最大の原因ともいわれているのがピロリ菌の感染です。通常、胃の中は強い酸性の状態になっており菌は存在できないと考えられてきたのですが、研究によってピロリ菌が発見され、胃を攻撃することにより胃潰瘍を誘発することがわかりました。ピロリ菌が胃を攻撃することによって胃酸過多の状態にもつながりやすくなります。

胸焼けを感じて病院に行ったところ、逆流性食道炎に加えて胃潰瘍になっていたという方も多いです。特に食後に強く痛みが出やすいのが特徴で空腹時はそれほど強く痛みません。症状が進行してしまうと痛みがかなり強くなり、場合によっては出血を伴うこともあります。

出血は血便や吐血で確認できるのですが、逆流性食道炎や胃潰瘍を疑った場合はこのような症状が現れる前に病院で治療を受けましょう。 胃潰瘍は40代以降になると発症しやすい特徴を持っているため、加齢を実感している方は注意が必要です。

十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍とは胃の粘膜と十二指腸がくっついて胃酸が流れ込んで発生するトラブルです。 胃のトラブルというと加齢に伴う病気というイメージがあるかもしれませんが、十二指腸潰瘍は10代-20代といった若者が多く発症します。大きな原因は胃潰瘍と同じくピロリ菌です。ピロリ菌は胃の粘膜を傷つける物質を作り出し、胃を刺激して胃酸過多の状態にもなります。

こちらは胃潰瘍とは逆で食後よりも空腹時に痛みを感じやすくなるので注意が必要です。特に痛みを感じやすいのが上腹部なのですが、十二指腸潰瘍になったからといって必ず痛みがあるわけではありません。胃酸の逆流に加え、空腹時に原因不明の胃痛を感じることが多い場合は十二指腸潰瘍の可能性についても考えてみましょう。

ゾリンジャー・エリソン症候群

非常にまれに起きる内分泌障害です。大きな原因は膵臓に発生する細胞の腫瘍にあります。この腫瘍はガストリノーマと呼ばれ、ガストリノーマが胃酸過多を引き起こすホルモンを分泌することにより胃酸過多を発生するのです。40代の男性に多く発症する特徴も持っています。

胃幽門前庭部空置症候群(いゆうもんぜんていぶくうちしょうこうぐん)

幽門前庭部はガストリンという胃酸の分泌を調整する働きを持ったホルモンを出しています。胃に発生する病気の治療によって胃の一部を切除することがありますが、その際に幽門前庭部を残した場合、胃酸の分泌が強くなり胃酸過多を引き起こすことがあるのです。

副甲状腺機能亢進症

副甲状腺と呼ばれるとても小さな臓器に異常が現れることにより過剰に副甲状腺ホルモンが分泌される病気です。少量の副甲状腺ホルモンは健康な体を作るためにも欠かせませんが、量が増え過ぎると様々なトラブルを引き起こします。

副甲状腺に異常が発生する原因は腺腫や過形成によるものです。また、副甲状腺がんが副甲状腺機能亢進症を引き起こすこともあります。しかし、これは非常に稀なケースです。 副甲状腺機能亢進症の合併症の一つとして胃酸過多の症状が現れることがあります。副甲状腺機能亢進症自体4000人から5000人に1人といった割合で起きる確率の低い病気ではありますが、胃酸過多も副甲状腺機能亢進症の症状なので、可能性の一つとして挙げられるでしょう。

胃酸過多の効果的な改善方法

胃酸過多の原因は一つではありませんが、まずは食べ物・飲み物から見直してみるのが効果的です。特に刺激の強い食べ物を取りすぎていないか確認してみましょう。

香辛料が多く含まれているものだけでなく、毎晩晩酌をしている方は少し控えているというのもおすすめです。アルコール類は胃にかける負担が大きいため、できるだけ適量を心がけましょう。 アルコールは適量であればそれほど大きな問題はありませんが、毎晩飲みすぎているなと感じているのであれば、それが胃酸過多の大きな原因に繋がっている可能性もあります。

次に考えたいのがストレスの問題です。自分で気づかないうちにストレスをため込み、自立神経が乱れた状態になっている方もたくさんいます。胃酸過多は自律神経バランスの乱れによっても発生するので、特に食べ過ぎや飲みすぎといった自覚はないものの、なぜか胃酸過多になっているということであればストレスを疑いましょう。

また、胃液が上がってきている状態を抑えることにより症状が和らぐので、こまめに水を飲んで胃酸を洗い流すのも効果的です。

胃酸過多で辛い状態を我慢し続けるのはとても良くないことなので、薬を飲むなどしてしっかり対策をとりましょう。

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る