食道裂孔ヘルニア

食道裂孔ヘルニアになると胃の内容物が逆流しやすい状態になり、逆流性食道炎を併発することがあります。発症しやすい年代や特徴、原因、改善方法についてご紹介しましょう。

食道裂孔ヘルニアってどんな症状?

胸部と腹部の間には筋肉でできた横隔膜があります。横隔膜には食道裂孔という食道が通る穴が開いているのですが、この穴よりも上に胃の一部が脱出している状態が食道裂孔ヘルニアです。
一口に食道裂孔ヘルニアといってもいくつかの種類があり、主に胸部に胃と食道のつなぎ目部分が出ているもの、胃の一部が出ているもの、これらを組み合わせたものがあります。

年代による症状の違い

横隔膜ヘルニアには食道裂孔ヘルニア以外にもいくつかの種類があるのですが、食道裂孔ヘルニア以外のものは年齢を問わずに発症しやすい病気です。
しかし、後天性の食道裂孔ヘルニアの場合は年齢が高くなればなるほど発症しやすい傾向にあります。特に50代以上に多く見られる病気です。これは歳を取ることにより横隔膜の力が弱まることが大きな原因になります。

特に女性にこの傾向が強いので、50代以降の女性の方は十分に注意しておきましょう。逆流性食道炎も中高年の方に多い病気です。そのため、食道裂孔ヘルニアの症状が同時に起こると一気に状態が悪化して辛い思いをすることもあります。

ただ、近年は20代~30代といった若い年代にも逆流性食道炎に悩んでいる方が増えてきているので、食道裂孔ヘルニア以外が原因となって起こる逆流性食道炎にも十分な注意が必要です。

食道裂孔ヘルニアの主な原因

加齢・腹圧

食道裂孔ヘルニアが発生する大きな原因は先天性のもののほか、加齢によるものが大きいです。また、腹圧が上がることも大きな原因になるのでこちらにも注意しておきましょう。
例えば、お腹に力が入る機会が多い場合には危険性が高まるといえるでしょう。喘息で咳をすることが多かったり、風邪をひきやすい方は咳をしたタイミングでお腹に力が入りますよね。この際には腹圧が高くなっています。

喘息や慢性気管支炎呼吸器の問題が原因で腹圧が高くなりやすい方はこれらの病気を改善させたり、適切な対処で咳を抑えることが重要です。これらの持病を抱えていて食道裂孔ヘルニアや逆流性食道炎が疑われる症状があった場合には早めに医師に相談してみましょう。

便秘・肥満

ひどい便秘に悩んでいる方の場合、溜まった便が腹部を圧迫することにより腹圧が上昇してしまうこともあるので注意が必要です。普段からお腹の締め付けの強い服を着ていたり、肥満も食道裂孔ヘルニアの原因になることがあります。

普段の生活の中でお腹に圧力がかかっていないか見直してみましょう。特に注意したいのが常に腹圧が高くなっている状態です。便秘の場合もそうですが、猫背気味の方もお腹が丸まって圧迫されることにより腹圧が高い状態が維持されやすいので、気を付けなければなりません。

人によっては慢性胃炎で胃酸過多の状態になり、胃の中にたまったガスがお腹に充満することにより腹圧が高くなることもあります。

食道裂孔ヘルニアの効果的な改善方法

食道裂孔ヘルニアになったからといって必ずしも治療が必要なわけではありません。というのも、食道裂孔ヘルニアになっただけでは特に大きなトラブルはないからです。しかし、食道裂孔ヘルニアが逆流性食道炎を引き起こしている場合、食道裂孔ヘルニアの治療を行わなければ症状が良くならないので治療についても検討してみましょう。

厄介なことに多くの方は食道裂孔ヘルニアに加えて逆流性食道炎も併発するため、次のような方法で改善を目指してみてくださいね。

便秘の改善

便秘が原因で腹圧が高くなってしまうこともあるので、便秘対策に力を入れてみましょう。水分の摂取量が少ない方はこまめに水を飲むことも効果的です。便秘解消には野菜類に含まれる食物繊維が効果的とされています。

しかし、食物繊維は消化されにくい特徴を持っており、消化能力が落ちている逆流性食道炎の方が大量に摂取するのには向いていません。
できればたくさん食物繊維を取り入れる以外の対策で便秘改善を目指してみましょう。

締め付けの強い服・下着を控える

咳をしたりするとそのタイミングで腹圧が高くなりますが、締め付けの強い服を着ていると常に腹圧の高い状態が維持されてしまいます。かなりきつめのコルセットを付けている方などはそれが原因で食道裂孔ヘルニアになることもあるので気を付けなければなりません。

内服薬

食道裂孔ヘルニアは体の中にある横隔膜で起きているトラブルということもあり、自力で状態を改善させるのはなかなか難しいことだといえるでしょう。そこで、病院で行う治療を検討するのもおすすめです。病院では胃酸を抑えるための薬などが処方されます。

他には手術という選択肢もあります。しかし、内服薬による治療の効果が大きいため、状態が相当悪くなる前に治療に取り組めれば手術を避けられる可能性も高いです。異常を感じたら早めに医師に相談してみましょう。手軽に取り入れられる漢方や市販薬もチェックしてみてくださいね。

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る