過敏性胃腸炎

過敏性胃腸炎とは、胃腸が過敏に反応してお腹が痛くなったり、下痢、便秘といったおもに腸のトラブルが起こる症状です。原因は精神的なものが大きいといわれています。

過敏性胃腸炎ってどんな症状?

過敏性胃腸炎のおもな症状は、腹痛や便秘、下痢です。

腹痛は左下腹部に起こることが多いとされていますが、人によってさまざまな部位に出ます。痛みの種類もさまざまで、突然、激痛が起こる疝痛のほかに、長く鈍痛が続くこともあります。痛みは食後に起こることが多く便意を伴い、排便すれば治ることが多いようです。

便秘や下痢にもなります。便秘の場合は腸管がけいれんを起こすことで便が腸の中にとどまって起こります。便が腸の中に長くとどまると固く小さな便となり、排便が困難になります。

下痢は突然起こるのがやっかいです。大事な試験や会議の最中になることも多いと聞きますが、その不安がストレスになり、ストレスがさらに症状を悪化させる悪循環に陥ることも。便秘と下痢を交互に繰り返す人もいます。

腹部膨満感、お腹が鳴る腹鳴、オナラなどといったお腹にまるわる症状も出ますが、頭痛や疲労感が起こることもあり、抑うつや不安感といった精神面にも影響を及ぼします。

過敏性胃腸炎の主な原因

このような腸のトラブルを抱えた場合、多くの人が受診をするでしょう。しかし過敏性胃腸炎は、胃腸にはこれといった異常が見られないのが特徴です。

腸が敏感に反応してしまう知覚過敏の状態になっていることが確かですが、なぜ知覚過敏になってしまうのかは、現在の不明です。ただしストレスで悪化することがわかっていることから心身症の一つとされています。

ストレスホルモンは脳下垂体から放出されますが、その刺激が腸の動きに影響を与えるのではないかと考えられています。また感情表現がうまくできないアレキシサイミア(失感情症)の傾向がある人がかかりやすいとされています。

知らず知らずに辛さを溜め込んでしまうことがストレスの原因となるということです。

症状は、男性は下痢が多く、女性は便秘が多くなるといわれていますが、下痢や便秘は大きな病気の症状でもあります。腸に不調を感じたなら、まずは病院で診てもらうことが大切です。

過敏性胃腸炎の効果的な改善方法

過敏性胃腸炎になる大きな原因はまだ分かっていないため、具体的にどのように改善すればよいのかというのは難しいところです。 しかし、大きな原因はストレスにあると考えられているため、ストレスを改善することが何よりも重要です。

自分の場合、ストレスがたまっているかどうかよくわからない…という方もいるのではないでしょうか。目に見えないので厄介なところではありますが、どのような人でも基本的に全くストレスを感じずに生きるのは不可能だといえるでしょう。

そのため、ストレスがたまっている前提で対策を取るのがおすすめです。特に運動療法が効果的とされています。ハードな運動を取り入れる必要はないので、適度に体を動かせるウォーキングやストレッチを継続しましょう。 運動が苦手な人が無理に体を動かそうとするとかえってストレスにつながることもあるので注意しなければなりません。

また、食事療法もあります。過敏性胃腸炎は胃や腸の状態が悪化している状態なので、腸内環境を整えることが効果的です。 ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれている善玉菌を摂取し、腸内の悪玉菌を減らしましょう。

それでもなかなか状況が良くならないということであれば薬を飲むのも効果的なので試してみてくださいね。

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る