HOME » 症状から逆引き!逆流性食道炎 » のどに違和感がある

のどに違和感がある

のどに何かが引っかかっているような違和感があり、口の中も乾いているような感覚はありませんか?

のどの違和感には原因があり、きちんと対処すれば治すことが可能です。

のどに違和感がある原因は?

のどは風邪や病気によっても痛くなりますが、ゴホゴホとした咳が出るわけではなく、なんとなく不快な感じがする違和感は風邪などが原因ではありません。

人によって表現は異なりますが飴玉が引っかかっているような、魚の小骨が引っかかっているような違和感があるとしたら、その原因には次のようなものが考えられます。

逆流性食道炎

逆流性食道炎によって胃酸が逆流すると、その胃酸を気管が吸い込んでしまい、のどに炎症が起こります。イガイガしたような違和感を生じさせたり、痛みを感じることもあります。胃もたれや胸やけがあって、さらにのどに違和感を感じるようなら、逆流性食道炎がのどの違和感の原因かもしれません。

ドライマウス

唾液の分泌量が低下して口腔内が乾く症状で、口腔乾燥症とも言われています。唾液が少なくなっているためにのどにも違和感が生じ、物が飲み込みにくくなります。加齢・ストレス・肥満・喫煙などが原因だといわれています。

ストレス

ストレスによって自律神経のバランスが崩れると口内が乾くようになるだけでなく、のどが狭窄するような感覚に襲われます。

息苦しい感じになり、狭くなったのどの内面が触ることで違和感も生じます。これを咽喉頭異常症(ヒステリー球)といいますが、最近では咽喉頭異常症と診断された人の多くが、実は逆流性食道炎だった可能性があることがわかってきました。いずれにしても唾液の分泌を促すようなケアが必要です。

その症状、逆流性食道炎かも?

唾液には胃酸を抑制する働きがありますが、逆流性食道炎になると胃酸が増えすぎてしまうので、それがさらにのどの違和感を生んでいる可能性があります。逆流性食道炎の人は、できるだけ唾液の分泌を促すような工夫をすることが大切です。

よく噛む・歯をよく磨く・空気を飲み込まないようにしながらガムを噛むといった対策が効果的です。唾液はたくさんあったほうが消化も助けることになりますから、逆流性食道炎の人はできるだけ口内を乾燥させないようにしましょう。

またタバコは口内を乾燥させたり、のどに違和感をもたらすので、逆流性食道炎の人はできるだけ禁煙するようにしてください。

逆流性食道炎に効果が期待できる商品を詳しくチェック!

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る