胃がもたれる

なんとなく胃が重たく感じられたり、いつまでも食べたものが胃の中に残っているようなイメージがある胃もたれ。単発で起こるならまだしもたびたび起こるようなら、はっきりとした原因があるのかもしれません。

胃がもたれる原因は?

胃もたれは、胃の中の食べ物が十二指腸へスムーズに排出されないことで起こります。いつまでも胃の中に食べたものが滞ってしまう、この消化不良の原因は何でしょうか?

暴飲暴食

脂っこいものや脂肪分の多い食べ物は消化不良を起こしやすく、胃もたれなどの不快な症状を招くことがあります。

逆流性食道炎

とくに暴飲暴食をしてるわけではないのに、頻繁に胃もたれが起こるとしたら逆流性食道炎になっている可能性があります。

逆流性食道炎によって胃の機能が低下していたり、胃酸が出にくくなっていると十二指腸への排出が滞り、その結果、胃もたれが生じます。消化の良い食べ物を摂ることが大切です。

ストレス

胃はストレスを感じやすい場所だと言われています。ストレスによって自律神経が乱れると胃の機能が落ち、その結果、胃もたれを起こすことがあります。

胃下垂

胃が十二指腸へ消化した食べ物を送る力(ぜん動運動)が弱いと、胃もたれが起こります。胃下垂の人はぜん動運動が活発でなく、そのため胃の中に食べ物がとどまりやすくなります。とくに深夜の食事によって朝方に胃もたれが生じることがあります。

胃の病気

胃もたれが慢性的にある場合考えられるのは、胃の病気です。潰瘍やポリープができている場合、胃の機能が落ちて胃もたれが起こります。

また「機能性ディスペプシア(機能性胃腸症)」も考えられます。これは胃の異常がないにもかかわらず胃の機能が落ちてしまう症状です。

その症状、逆流性食道炎かも?

このように胃もたれの原因はさまざまですが、慢性的に胃もたれが起こっているとすれば逆流性食道炎を起こしている可能性があります。その場合、根本的に逆流性食道炎を改善させないと胃もたれは解消していきません。

逆流性食道炎による胃もたれが起こると食事を控えたり、食事の量を減らすという対策がとられることがあります。しかし胃もたれには効果があっても、今度は胃液過多となって胃液が逆流しやすくなってしまいます。そのため食事を控えるよりは、消化の良い食べ物を少しだけ摂るといった工夫をしましょう。

いずれにしても逆流性食道炎の症状を緩和させるための対策が必要です。逆流性食道炎を改善させることができれば不快な症状もなくなり、食事を楽しむことができます。

逆流性食道炎に効果が期待できる商品を詳しくチェック!

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る