HOME » 症状から逆引き!逆流性食道炎 » なかなか眠れない

なかなか眠れない

夜しっかり眠れないと気分もすぐれなくなり、日常生活にも支障をきたすようになります。よく眠れる人と眠れない人の違いは何でしょうか? ここでは不眠の意外な原因についてまとめたいと思います。

なかなか眠れない原因は?

不眠といっても人によって症状は異なります。眠りが浅い人、眠っていても起きてしまう人、寝つきが悪い人などさまざまで、これを総称して不眠や睡眠障害と呼んでいます。睡眠障害の原因には次のようなものがあります。

病気、逆流性食道炎

病気によって何か症状が出ていると、不快感や痛みによって眠れなくなります。その代表的なものが逆流性食道炎です。逆流性食道炎は胸やけや胃もたれ、胃痛などを引き起こすので、その症状が気になって眠れなくなることがあります。

ストレス、心理的原因

心配事があったり、強いストレスを感じると人は眠れなったり寝るまでに時間がかかったりするものです。心配事が解消されれば眠れるようになるので、睡眠障害も短期間で済むことがあります。

うつ病など

うつ病など精神や神経の病気にかかっていると、眠れなくなることがあります。慢性的に落ち込んだ気分が続くと不眠症となってしまうので、早めの受診が必要です。

加齢

年齢を重ねると朝早く目覚めるようになったり、睡眠時間が短くなる傾向があります。長時間眠ることは難しくなりますが、短時間の眠りでも質の悪い睡眠を繰り返すと、日常生活に支障をきたすようになります。

物理的原因

枕があっていない、寝具が重いといった物理的な原因もあります。また眠る前にコーヒーを飲んだり、アルコールを摂取するといった行動も眠りを浅くしたり、不眠の原因となります。

このように不眠にはさまざまな原因があります。大切なのは体調を整え、精神をリラックスさせることです。

その症状、逆流性食道炎かも?

不眠はおもに、精神的なものと内臓の不調がもたらします。やっかいなのは不眠になるとさらに精神にも身体にも影響を及ぼしてしまうこと。たとえば逆流性食道炎の場合、不眠になるともっと胃腸の調子が悪くなり、逆流性食道炎の症状も進んでしまうという悪循環に陥ります。胃の粘膜は不眠によって弱くなりますし、ガスもたまりやすくなり、消化不良も起こりやすくなるからです。

日常生活を快適におくるためには、しっかり食べてしっかり眠るといった当たり前のことが大切になります。年齢を重ねると若いときほどは眠れなくなるのが普通ですが、それでも質のよい睡眠をとって快適な毎日をおくるようにしましょう。そのためにも逆流性食道炎などケアできる症状には、積極的に対処するのがベターです。

逆流性食道炎に効果が期待できる商品を詳しくチェック!

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る