HOME » 症状から逆引き!逆流性食道炎 » やたらとオナラが出る

やたらとオナラが出る

オナラは1日10〜20回ほど出ています。腸内にたまったガスを出すために必要な回数であり、この回数であれば正常です。しかしひんぱんにオナラが出たり、いつもガスでお腹が張っているとすれば問題です。また消化不良を起こしやすい人は、オナラのニオイが臭くなりがちです。

やたらとオナラが出る原因は?

オナラが20回以上出たりニオイをともなっているとすれば、次のような原因が考えられます。

逆流性食道炎

逆流性食道炎になったからといってオナラが増えるというわけではありません。しかし逆流性食道炎と関係の深い、空気を飲み込みすぎてしまう呑気症があればオナラのもととなるガスが増え、オナラの数も増えます。

呑気症の原因はストレスで、ストレスは逆流性食道炎の原因ともなっています。ストレスによって自律神経のバランスが乱れると腸内の悪玉菌が増加しますからオナラのニオイは臭くなります。また逆流性食道炎によって消化不良を起こすことでもオナラは臭くなるので、オナラの回数やニオイが気になる場合は、逆流性食道炎のケアをすることが大切です。

食事内容

食べ物の種類によっては、ガスが発生しやすいものがあります。芋類や米などのでんぷん質・食物繊維の多いもの・炭酸を多く含んだ飲み物はガスを多く出します。

またオナラが臭くなるものとしては肉などの動物性食品が挙げられます。悪玉菌を増やしてしまうため、どうしてもオナラはニオイをともなうようになります。

早食い

早食いの人は空気を飲み込みやすく、飲み込んだ空気がガスのもとになります。早食いは消化不良の原因にもなるため、オナラのニオイも臭くなりがちです。

生活習慣の乱れ

睡眠不足は腸の動きを悪くし、消化不良になってガスが発生しやすくなります。疲れがたまるのも同様です。

胃もたれやげっぷなどがひんぱんにあり、お腹が張ったりオナラも多いなら、逆流性食道炎になっている可能性があります。また生活習慣の乱れなどがさらに逆流性食道炎の症状を進めたり、腸内環境を悪くしていることもあります。

その症状、逆流性食道炎かも?

逆流性食道炎になったからといって必ずオナラの回数が増えるわけではありませんが、逆流性食道炎のケアをすることでお腹の張りやオナラが改善されたという人は少なくありません。胃から腸へ消化物がうまく流れるだけでもこれらの症状も減らせるからです。

また空気を飲み込む呑気は逆流性食道炎の原因にもなり、逆流性食道炎のケアと同時に呑気をしないように努めるだけで、オナラの回数を減らすことが可能です。

逆流性食道炎に効果が期待できる商品を詳しくチェック!

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る