お腹が張る

食事をしてしばらく経つのにお腹が張って苦しい…そんな不快な経験はありませんか? 食生活や生活習慣のほかに逆流性食道炎が原因になっていることがあります。

お腹が張る原因は?

お腹が張っている状態を腹部膨満感といいます。張りの正体は消化されない食べ物やガスです。

ガスは口から飲み込まれたガス(空気)と腸内で発生するガスの2種類があり、通常はきちんと排出されます。しかしガスの量が増えすぎて排出量とガスのバランスが崩れるとお腹にガスがたまってしまいます。

逆流性食道炎

逆流性食道炎になっているということは、胃の機能が弱まっているということです。胃はスムーズに腸に消化した食べ物を送ることができず、いつまでも胃の中に消化物がとどまります。そのためお腹が張り、胃が空っぽになりにくいことからお腹も空かず、食欲不振になることがあります。

空気の飲み込みすぎ

話しながら食事をすると通常よりも空気を多く飲み込んでしまい、ガスの量が増えます。また炭酸飲料水や空気と一緒に飲み物を飲み込むラッパ飲みなどによってもお腹に送り込まれる空気が増え、それがガスのもとになります。

空気を多く飲み込んでしまう症状を呑気症といいますが、逆流性食道炎になっている人の中には呑気症になっている人も少なくないと言われています。

食べ物の種類

芋類や米などでんぷん質、食物繊維が多い食品はガスを多く発生させます。腸内のバランスが崩れたときにもガスが発生しやすくなり、その結果、お腹が張ってしまいます。

腸のぜん動運動の低下

腸の動きが悪くなるとガスが出にくくなってお腹が張ります。ぜん動運動が低下する原因には加齢・ストレス・過敏性腸症候群・腸閉塞・腸粘膜の炎症などが考えられます。

そのほかおならを我慢したり、キツイ洋服を着て腹部を圧迫させるのも腸の動きを悪くさせます。

その症状、逆流性食道炎かも?

逆流性食道炎になるとお腹が張りやすくなり、呑気症をともなっていればガスもたまりやすくなります。げっぷやおならが出ると少しスッキリしますが、げっぷは胃酸を逆流させるので、今度は胸やけなどが起こるという悪循環に。

まずは胃から腸にスムーズに消化物を運ぶことが大切で、そのためには逆流性食道炎のケアを行うことが必要です。

また、空気を多く飲み込んでしまう呑気症を治すことも必要です。緊張したときに空気を多く飲み込んでしまうことがありますが、呑気症はストレスにも大きく関係しています。ストレスをためない、ガスを多く発生させる食品を摂りすぎないといったことも大切です。

逆流性食道炎に効果が期待できる商品を詳しくチェック!

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る