胸焼けがする

胸やけとは文字どおり、胸が熱くなり、焼けるような感覚を受けること。胸を熱くしているのは胃酸で、胃酸の逆流が原因で起こります。

胸やけがする原因は?

胃酸は胃に入った食べ物を溶かして消化してくれるものですが、皮膚すらも溶かしてしまうほどの「強酸」です。この強い酸が胃から逆流して食道に来てしまうと食道が炎症を起こし、それが胸やけの症状としてあらわれます。

それでは、胃酸が逆流してしまう原因について探ってみましょう。

逆流性食道炎

胸やけの原因でもっとも多いのが逆流性食道炎です。逆流性食道炎になると胃液が上がってきやすくなるため、胸やけ・呑酸・胃もたれなどが同時に起こることも。

胃の機能が弱り始める中高年以降だけでなく、洋食を好む20〜30代の人にも逆流性食道炎にかかる人は増えていると言われています。

コーヒーの飲み過ぎ

コーヒーを飲みすぎると胸やけを起こすことがあります。コーヒーに入っているカフェインには胃酸の分泌をうながす働きがあるからです。胃酸の分泌が多くなれば逆流する可能性も増すので、胃腸の弱い人や逆流性食道炎のある人はできるだけ控えるようにしてください。

カフェインはお茶類やココア、その他のドリンク類にも配合されています。ノンカフェインの飲み物などを探すようにするといいでしょう。

アルコール類・酸味の強い飲み物の飲み過ぎ

お酒も胃酸の分泌を活発にさせます。その他、お酢を使った酸味の強い飲み物、乳酸飲料なども胃酸を増やすので注意が必要です。

ストレス

ストレスで自律神経のバランスが崩れると胃腸の調子が悪くなることがあり、食道の粘膜も炎症を起こして胸やけの症状が出ることがあります。逆流性食道炎の場合はさらにストレスによる食道の炎症を感じやすくなります。

病気

潰瘍や横隔膜ヘルニア・食道穿孔ヘルニア・過敏性腸症候群といった病気でも胸やけが起こります。とくに胃腸に異常がないのに胸やけが起こる「機能性ディスペプシア(機能性胃腸症)」の可能性もあります。

その症状、逆流性食道炎かも?

胸やけは胃酸が逆流して食道に炎症を起こしてしまうことで起こります。この症状は逆流性食道炎の典型的な症状です。もし逆流性食道炎を放置しておけば、胸やけはいつまで経っても治ることはありません。

逆流性食道炎の人は胃液を逆流させないように症状を抑えるケアをすることが大切です。逆流性食道炎を改善させることができれば、好きなものを食べることができる上、食後も快適にすごせます。

コーヒーやアルコールなど、酸味の強い飲み物を飲みすぎないようにし、症状が出ている間はできるだけ消化しやすいものを摂るようにしてください。

逆流性食道炎に効果が期待できる商品を詳しくチェック!

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る