HOME » ストレスと胃腸・食道トラブルの関係 » ストレスが胃腸に影響を及ぼすワケ

ストレスが胃腸に影響を及ぼすワケ

ストレスと胃は、とくに密接な関係があると言われています。どうしてストレスがかかると胃腸の調子が悪くなってしまうのでしょうか?

そもそもストレスとは何か

ストレスとは、簡単に言えば刺激によって生まれる反応のことです。心身の反応のことを指していますが、日本では精神的な反応のことを「ストレスを受ける」と表現することが多いようです。

例えば嫌味を言われたとすれば、言われたときに感じる腹立たしい気持ち、怒りなどがストレスです。嫌なことに対する反応だけではなく良いことも悪いことでも、それを受ける反応のことをストレスと言います。ただし多くの場合は苦痛なこと、嫌な気持ちを感じることを「ストレスを受ける」「ストレスを感じる」と表現しています。ここではその苦痛と感じるストレスが及ぼす影響について説明していきます。

ストレスが胃腸に影響を及ぼすメカニズム

人はストレスを感じると自律神経のバランスを崩します。自律神経は胃の働きを調整しているため、ストレスを感じることで胃のトラブルが生じるのです

自律神経には交感神経と副交感神経があり、ストレスを受けると副交感神経が胃のぜん動運動を促進させます。ぜん動運動が促進されると胃酸がたくさん分泌されることになります。

またストレスの刺激が脳の視床下部か交感神経に伝わると、胃の血管は縮小されて血流が悪くなります。その結果、胃粘膜を保護している粘膜の分泌量が減ってしまいます。加えて副腎皮質ホルモンの分泌が高まり、胃の抵抗力が弱まってしまうのです。

つまりストレスを感じることで自律神経のバランスが崩れ、胃酸は多くなるのに胃粘膜は減ってしまい、胃そのものが弱くなってしまうというわけです。ストレスが胃に及ぼす影響は明らかで、粘膜が少なくなってしまった胃壁に炎症などを起こすことから、さまざまなトラブルが生じます。

ストレスから胃腸を守る方法

ストレスは体のあらゆる箇所に影響を与えますが、緊張するとお腹が痛くなることがあるように、とくにダメージを受けやすいのが胃腸です。

ストレスから胃腸を守るために大切なことは、まずは胃腸を丈夫にしておくこと。胃腸が丈夫な人は多少のストレスを感じたとしてもさほど影響が出ませんが、逆流性食道炎があったりもともと胃腸が弱い人はモロに影響を受けてしまいます。

刺激物やアルコール、タバコ、コーヒーといった、胃腸を弱くしてしまうものは日頃から避けておきましょう。

加えてストレスコントロールの方法を学びましょう。ストレスコントロールについては次のページで詳しく解説します。

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る