HOME » 【特集】逆流性食道炎 » 原因と症状

原因と症状

逆流性食道炎の原因はさまざまで、その症状も多岐にわたります。まずは原因と症状を理解することから始めましょう!

逆流性食道炎の原因

逆流しないはずの胃液や胃の中の内容物が逆流することで、食道の粘膜が炎症を起こしてしまうのが逆流性食道炎です。なぜ逆流が起こってしまうのでしょうか?

胃酸の過剰分泌、胃粘膜の減少

ストレスがかかったり、過剰なガストリン分泌があると胃酸が逆流することがあります。肉や油っこいものの摂りすぎ、食べ過ぎなども胃の動きを活発にさせ、胃酸の量を増加させます。

加齢によって胃粘膜が減っていくと胃酸は胃壁を傷つけて炎症を起こします。これが胃炎や胸やけの原因になります。

下部食道括約筋の機能の低下

下部食道括約筋は食道と胃のつなぎ目にあり、胃から食道への逆流を防ぐ筋肉です。年齢を重ねるとこの筋肉の機能は低下しやすくなり、胃酸は逆流するようになります。

喘息や血圧、心臓の治療に用いる薬の中には、下部食道括約筋をゆるめてしまう副作用を持つものもあります。

腹圧の上昇

肥満などによって腹圧が上昇すると胃酸が逆流しやすくなります。力むことでも腹圧が上がることがあります。ベルトや衣服で腹部を締めつけるのもよくありません。背骨が曲がった姿勢も腹圧を上げる原因になります。

ピロリ菌の減少

ピロリ菌の減少は、逆流性食道炎の原因になると考えられています。ただしピロリ菌は胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因になるものなので、ピロリ菌を除菌するとともに逆流性食道炎の対策を併用することが大切です。

生活習慣(タバコ、飲酒、ストレス)

タバコや飲酒は胃液を逆流させやすくし、ストレスは食道の機能を弱めます。食生活や体質、年齢だけでなく、生活習慣を改善させることが大切です。

逆流性食道炎の症状

それでは、逆流性食道炎の主な症状を見ていきましょう。

胸やけ、呑酸、胃もたれ

胸が焼けるような不快感が起こる胸やけ、酸っぱいものが上がってきてゲップが出る呑酸(どんさん)が起こります。

吐き気、嘔吐

胃酸が逆流したり、消化不良を起こすことで吐き気をもよおしたり、嘔吐してしまうことがあります。

胸(胃)の痛み

胸が締め付けられるような痛みが起こります。この痛みは狭心症に似ていると言われています。また胃痛も起こります。

腸のトラブル

お腹が張ったり、ガスがたまりやすくなります。オナラの回数が増えたり、ニオイの強いオナラが増えることもあります。

咳、のどの痛み

逆流した胃液がのどや気管支を刺激することで咳や喘息が起こることがあります。

また、胃液によってのどに炎症が起こり、声が枯れたり飲み込みづらくなるといった症状も起こります。

口臭

呑酸(どんさん)は口臭の原因になります。口臭によって人と接することを苦痛に感じるようになることもあります。

不眠

胃の痛みや不快感によってよく眠れなくなることがあります。不眠が続くと生活の質は落ちていきます。

このように逆流性食道炎は、常に胃の不快感をもたらします。食べたいものが食べられなくなったり、不眠や体調不良によって日常生活に支障をきたすことも。放っておくと別の病気に移行する可能性もあるので、できるだけ早いうちにケアを行いましょう。

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る