HOME » 【特集】逆流性食道炎 » 40代男性の逆流性食道炎の特徴・原因と改善策

40代男性の逆流性食道炎の特徴・原因と改善策

胸焼けを感じることがある、喉の調子がおかしいという場合には逆流性食道炎の可能性があります。体の内部で起きている炎症なので注意していないと気づけないこともありますが、状態が悪化すると仕事や日常生活にも支障をきたす厄介なものなので、逆流性食道炎の方は早めに気づき、対策をとることが重要です。

40代の男性の逆流性食道炎の症状

特に多い少将が、呑酸(どんさん)です。これは酸っぱい液体(胃液)が口まで上がってくる症状のことで、喉に焼けるような痛みを感じることがあります。

呑酸はないものの、何となく喉に違和感がある、胸が痛かったり胸焼けがあるというのも代表的な症状なので、こういったことがある場合は注意しましょう。胸焼けがひどくなると夜ぐっすり眠れなくなる人もいます。

ゲップも代表的な症状の一つです。食べ過ぎただけでゲップが出ることはありますが、適量しか食べていないはずなのに食後は決まってゲップが出るという方も逆流性食道炎の可能性があります。

また、逆流性食道炎が原因で咳が出ることもあるので、風邪を引いたわけではないのに原因不明の咳が出るという方も疑ってみましょう。人によっては喘息が起きることもあります。お腹のハリも逆流性食道炎の症状です。何となく太ったかな、と思った方も胸焼けやその他の症状がないかチェックしてみましょう。

40代の男性の逆流性食道炎の原因

肥満

20代や30代の頃は痩せていたものの、40代を過ぎてから急に体型が崩れてきたという男性も多いです。50代になると更に肥満の傾向が高まりますが、逆流性食道炎の原因の一つに肥満が挙げられます。

40代に入ると若い頃に比べて代謝も衰えてくるので、太りやすい状態にあるといえるでしょう。若い頃に比べて体が鈍ってきたと感じる方も注意が必要です。

薬の副作用

血圧や心臓、喘息の病気を改善させるために使う治療薬の中には、胃酸が逆流するのを抑える働きを持った下部食道括約筋をゆるめるものもあります。特に年を重ねるにつれ血圧を正常値に保つことが難しくなるため、血圧を下げるための薬を飲んでいる方もいるはず。そういったものが原因で逆流性食道炎になることもあります。

ピロリ菌が少ない

ピロリ菌といえば悪いものというイメージがありますが、胃酸の酸度を抑える働きを持っています。50代以降の方はピロリ菌の保菌率が高いのですが、40代はそれほどでもないため、胃酸の酸度が上がり、逆流性食道炎に繋がることもあるのです。

40代の男性の逆流性食道炎の改善策

飲酒を控える

お酒を飲むと下部食道括約筋が緩むとされています。下部食道括約筋は胃酸が逆流しないようにフタをするような役割を持っているため、この筋肉が緩むと簡単に胃酸が逆流してしまうのです。

また、ビールや炭酸を使ったお酒を飲むとゲップが出やすくなり、その際に胃液も上がってくることがあります。炭酸を使わないお酒にすることによりゲップは抑えられますが、下部食道括約筋が緩むのは防げないので、飲酒量に注意しましょう。

コーヒーや緑茶に含まれているカフェインにも下部食道括約筋を緩くする働きがあるので飲み過ぎには注意が必要です。

肥満を改善する

若い頃に比べると新陳代謝が衰え、太りやすい年代だといえます。肥満になると腹圧が上がるのですが、その際に胃液が食道側へ押し戻され、胃液が上がってくることがあるのです。肥満になると逆流性食道炎以外にも様々な病気のリスクが高まるため、健康のためにも痩せましょう。

禁煙

タバコを吸い過ぎると胃が刺激されます。すると胃酸がたくさん分泌されるため、胃液が濃くなり、逆流性食道炎の状態が悪化するのです。タバコは体にとって良いことは何もないので、できる限り禁煙に努めましょう。

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る