HOME » 【特集】逆流性食道炎 » 40-50代女性の逆流性食道炎の特徴・原因と改善策

40-50代女性の逆流性食道炎の特徴・原因と改善策

逆流性食道炎は男性に多いものというイメージがあるかもしれませんが、女性も注意が必要です。若い年代にも増えている病気なのですが、40-50女性の女性で逆流性食道炎になる方も珍しくありません。そこで、症状や原因、改善策についてご紹介します。

40-50女性の逆流性食道炎の症状

何となく胸の辺りがムカムカする、常に胸焼けを感じているといった症状が挙げられます。また、食事をしている最中に、まだそれほど食べていないのにすぐに満腹になってしまうという方も多いです。

昔に比べて食べる量が減ったという方は逆流性食道炎が原因の可能性もあるので気をつけておきましょう。

それから、加齢に伴い唾液の分泌量が減るのですが、それによって物を飲み込みづらい状態になることがあります。健康な40-50女性でもこういった症状を感じることがあるのですが、物を飲み込んだ際に何となく喉の奥につかえる感覚があるということであれば逆流性食道炎が関係している可能性があるので気をつけなければなりません。

運動が好きという方を除いてほとんどの方は若い頃に比べると運動量も減りますよね。すると、脂肪も付きやすい状態になります。逆流性食道炎の症状の一つに「お腹が張る」というものが挙げられるのですが、ただ単に太っただけと勘違いしてしまう方もいるので気をつけてくださいね。

40-50女性の逆流性食道炎の原因

肥満

逆流性食道炎になって病院に行くと、肥満体型の人はそれを改善するように指導されることがあります。40-50代という年代になると徐々に代謝が衰えてくるのですが、それに加えて毎日だらだら過ごしていたりすると消費できるエネルギーが少なくなり、肥満体型に繋がります。

特にこれくらいの年代になると子育ても落ち着き、家でゆっくり過ごす時間が増える方も多くなりますよね。ついテレビを見ながらお菓子を…といったような状態になると簡単に隙に繋がるので気をつけましょう。

運動不足

肥満とも繋がるのですが、運動不足の状態になると逆流性食道炎のリスクが高まります。運動もしないで食べたい物を食べ、飲みたいものを飲んでいるというような状態だと当然ながら胃にも大きな負担をかけるので注意が必要です。

加齢

年をとると胃酸が逆流してくるのを防ぐ働きを持った下部食道括約筋の働きが衰え、胃酸が上がってきやすい状態になります。それに加え、唾液の量も少なくなるので上がってきた胃液を洗い流せず、逆流性食道炎になることがあるのです。

40-50女性の逆流性食道炎の改善策

生活習慣の改善

肥満や運動不足を改善するための対策として、生活習慣を改善させましょう。例えば、横になりながら昼ドラを見ているという方は、エアロバイクをこいだり踏み台昇降をしながらテレビを見るだけでも肥満と運動不足の解消につなげることができます。

 

簡単な運動としてウォーキングを取り入れるのも効果的です。また、毎日の晩酌が日課になっているという方も休肝日を作り、身体に負担をかけないように心がけましょう。

腹八分目を心がける

食事を取る際には毎回満腹になるまで食べるのではなく、腹八分目を心がけましょう。特に食べ終わった後にすぐにたくさんのゲップが出て気持ち悪い、お腹が張るという方は食べ過ぎている可能性が高いです。また、食べてからすぐに横になるのも逆流性食道炎の大きな原因になるので、最低でも2時間は起きていましょう。

ストレスの改善

どの年代にも言えることですが、逆流性食道炎の大きな原因の一つがトレスにあります。思い当たることがある場合はストレス発散を心がけましょう。

適度に体を動かすこともストレス発散に繋がるので、ウォーキングなどのような軽い運動は運動不足の改善とストレスの改善の両方が期待できる理想的な運動だといえます。

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る