HOME » 【特集】逆流性食道炎 » 20-30代女性の逆流性食道炎の特徴・原因と改善策

20-30代女性の逆流性食道炎の特徴・原因と改善策

近年、若い世代にも逆流性食道炎が増えています。もともとは60歳代以降に多い病気だったのですが、近年は食生活が欧米化してきた影響もあり、若い女性にも逆流性食道炎が見られるようになったのです。

20-30代女性の逆流性食道炎の症状

症状は一般的な逆流性食道炎と変わりません。胸焼けや吐き気がして気持ちが悪くなり、喉に違和感を覚えることもあります。しかし、20-30代の女性の中には一度も逆流性食道炎になったことがないために、症状が現れたとしてもすぐに逆流性食道炎を疑えない方もいるようです。すると対策を取るのが遅れてしまい、状態が悪化することも珍しくありません。

また、軽い逆流性食道炎だった場合、特に対策を取らなくても1~2週間ほどで状態が良くなる方も多いです。何となく胸焼けを感じていたけれど気づいたらなくなっていたということになると原因を追求したり、対策についてなかなか考えられないかもしれません。

逆流性食道炎は繰り返しやすいという特徴を持っているため、疑わしい症状があったら原因を追究して対策をとりましょう。

20-30代女性の逆流性食道炎の原因

食生活の問題

20-30代といえば働き盛りということもあり、食事もしっかり取らなければなりませんよね。しかし、その中で脂っこいものが中心になっていると胃に与える負担が大きくなり、逆流性食道炎の原因になってしまうことがあります。

とにかく野菜中心の食事にすれば良いというわけではありません。というのも、無理な食事制限も胃の状態が悪化する大きな原因になるからです。

特に20-30代女性の中には無理なダイエットを取り入れている方もいますよね。例えば、近年話題のダイエット方法として人気のある糖質制限ダイエットでは、カロリーよりも糖質を抑えた食生活を送ることになるのですが、肉類は糖質がほとんどないということもあり積極的に取り入れている方もいるでしょう。

しかし、肉類はしっかり噛んで食べないと消化に時間がかかり、胃に負担をかけてしまいます。痩せられたけど逆流性食道炎になってしまったということになると大変なので、注意が必要です。

ストレスの問題

20-30代といえば子育てに取り組んでいる女性も多い年代です。しかし、手のかかる子どもの場合、それが大きなストレスになることもあるので、旦那さんや周りの助けを受けながらストレスを溜め込まないように注意しましょう。

20-30代女性の逆流性食道炎の改善策

ストレスの改善

ストレスを溜め込まないということも重要です。特にまだ働き始めて間もない20代女性の場合、仕事でストレスを感じることも多いでしょう。うまく発散する時間が取れれば良いのですが、毎日忙しくてストレスを溜め込んでいるという方もたくさんいます。

しかし、ストレスも胃酸の分泌を促進する原因になるので、こまめに発散できるように心がけることが重要です。簡単なストレッチやヨガだけでも効果が期待できるので、日課として継続できるものを取り入れてみましょう。

姿勢を改善する

20-30代女性の中でも特にデスクワークをしているという方は注意が必要です。正しい姿勢で過ごせていれば良いのですが、猫背の状態で長時間仕事をすると胃が圧迫されます。

これが原因で胃に負担がかかり、逆流性食道炎になってしまうことがあるのです。姿勢を正すことは体を健康に導くことにもつながるので、普段の姿勢を見直してみてくださいね。

肥満ならそれを改善する

肥満の状態になると腹圧が上昇します。すると、胃酸が逆流しやすい状態になるので、肥満体型の方はそれを改善できるように心がけましょう。できるだけ脂っこい食事を避けることも肥満改善につながります。脂っこい食事自体が胃酸の分泌を増やすので、食生活にも注意してみてくださいね。

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る