効果的な摂取方法

ここで紹介した生薬や成分は、料理やお菓子などでも摂取できますが、毎日適量を摂るのは難しいもの。確実に摂取したいなら生薬サプリや漢方薬、薬で摂るほうが効率的です。

そこでここでは、生薬や漢方の効果的な飲み方をご紹介します。

生薬・漢方薬の効果的な飲み方

製品によっては飲む時間をとくに定めていないものもありますが、生薬や漢方を効果的に摂取したいなら食前もしくは食間に飲むのがおすすめです。

食前とはだいたい食事の30分前のこと。気をつけてほしいのは食間です。読んで字のごとく食事中と思っている人は多いかもしれませんが、食間とは食後2時間のことをあらわしています。ぜひ覚えておいてほしいと思います。

なぜ食前30分と食後2時間が好ましいのか。この理由は吸収のしやすさにあります。胃がいっぱいの状態よりも空腹時の、胃が酸性のときのほうが生薬や漢方はよく吸収します。きちんと吸収すれば効果もきちんとあらわれやすくなるというわけです。

飲み忘れたら効果なし?

食前30分・食後2時間のタイミングを逃したとしても、さほど心配する必要はありません。もっとも吸収する時間が食前30分・食後2時間であって、もしこのタイミングで飲めなくても効果が著しく落ちるようなことはありません。むしろ毎日飲むこと・続けることのほうが大切です。

生薬や漢方は、「水や白湯で飲んでください」とされていますが、こちらは守ってほしいと思います。お茶や牛乳、ジュースなどは生薬成分と反応して効き目を奪ってしまうことがあるからです。

薬の正しい飲み方

薬は、基本的にはその製品の用法をきちんと守って飲むのが基本になります。量を守ることは漢方も同様です。漢方にも副作用はありますが、薬はそのリスクがさらに大きくなります。たくさん飲めば良いというものではなく、用法をきちんと守ってこそ効果はあらわれます。水や白湯で飲むのも漢方と同様です。

薬で注意したいのは、その薬の服用を避けたほうが良い人がいることです。なにか治療を受けていたり、アレルギーがあったり、妊娠中・授乳中の人はとくに注意が必要です。これは漢方にも言えることなので、飲む前にきちんと相談したり用法をしっかり読むようにしてください。

逆流性食道炎をケアする生薬配合のおすすめ商品を見る

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る