チョウジ(丁子)

スパイスのクローブとしても馴染みが深い生薬がチョウジ(丁子)です。紀元前から重用されており、健胃・止嘔・補陽の効能があることから逆流性食道炎の改善効果が期待できます。

チョウジ(丁子)とは?

チョウジとは、フトモモ科のチョウジノキの開花直前の蕾を乾燥したものです。インドネシアのモルッカ諸島やスマトラ、ジャワなどに分布していますが、現在では、主にザンジバル島やペンバ島、マダガスカル島などで育成されています。

その歴史は古く、紀元前に中国に伝わり、1世紀頃にローマに伝えられたと言われています。日本の場合は東大寺の正倉院には実物が保存されていることから、かなり古くから渡来していたと考えられます。

もともとは殺菌・消毒剤などとして用いられていましたが、15世紀ごろからスパイスとして使われるようになったのだとか。現在もスパイスのクローブとして料理によく用いられています。

チョウジ(丁子)の成分

主成分はフェノールのオイゲノールで精油です。オイゲノールには体を温めて冷えを改善する効果があります。血行や血流が促進され動脈硬化も予防できるとか。

オイゲノールにはほかに殺菌・鎮静作用があり、歯科では歯痛や局部麻酔などに利用されています。

胃を温めて停滞しているものを動かしてくれるので、胃腸の消化機能も促進されます。ガスの排出を促し、胃腸が動くことで食欲も増進。唾液の分泌も促します。

このような成分が逆流性食道炎にも効果があり、胃があまり丈夫でな人にも向いているのだそうです。

チョウジにはほかにガロタンニン、アセチルオイゲノールなどが含まれています。

チョウジ(丁子)が効く症状は?

冷えを改善して停滞しているものを動かしてくれるチョウジ。胃腸をはじめ、さまざまな症状に効果が期待できます。

胃腸への効果

嘔吐、腹痛、胃拡張、胃潰瘍、便秘、下痢、消化不良

女性ホルモンの乱れ

産前産後の神経症、血の道症、生理痛、更年期障害

クローブは辛い料理にも甘い料理にも相性がよく、肉の臭みを取ることもできます。お菓子にも使えます。ただしその匂いが苦手な人もいるので、使いすぎには注意するようにしてください。

逆流性食道炎をケアする生薬配合のおすすめ商品を見る

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る