キャベジン

キャベジンという言葉は胃薬でも有名ですが、キャベツの汁の中にある健康成分をキャベジンといいます。胃腸を健康にしたり、胃粘膜を保つ効果があります。

キャベジンとは?

キャベツを由来とした言葉ですが、別名はビタミンUです。ビタミンUの働きはまだすべて解明されたわけではありませんが、潰瘍などに特に効果的なことからUのアルファベットがつきました。潰瘍は英語ではulcusと書き、それが名称の由来となっています。厳密にいえばビタミン類とは異なりますが、ビタミンに類似した働きがあるということです。

キャベツが胃に良いというのは昔から知られていましたが、本格的に研究が進んでキャベジンが成分として見つかったのは1950年頃。その後、胃薬のキャベジンが登場しています。

キャベジンの成分

ビタミンU(キャベジン)はキャベツだけでなくトマトやレタス・セロリ・アスパラガス・ブロッコリーなどにも含まれています。野菜以外では海苔や牛乳・卵にも入っています。

ビタミンUはアミノ酸の一種であるメチオニンの誘導体の構造を持っており、胃粘膜を保護し肝機能も高めることがわかっています。胃酸の量も調節してくれるので、逆流性食道炎がある人は積極的に摂取したい成分です。

タンパク質の合成も助けます。これが胃粘膜の再生にもつながっています。また壊れた組織を修復するため、胃潰瘍などの潰瘍にも効果があります。

キャベジンが効く症状は?

胃のトラブルに効果が高いことがわかっています。とくに潰瘍や胃粘膜の減少を原因とする胃痛などには効果があり、逆流性食道炎の予防効果もあります。

胃腸への効果

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃弱、胃もたれ、胃痛、消化不良、胸やけ、吐き気、食欲不振、嘔吐、胃酸過多、げっぷ、腹部膨張感など

  • アレルギー症状の緩和
  • 肝機能のサポート

野菜をたくさん摂ることができればビタミンUも摂取できます。野菜は消化も促進するので、胃腸が弱い人はできるだけ毎日、たっぷりの野菜を摂るようにしましょう。

逆流性食道炎をケアする生薬配合のおすすめ商品を見る

逆流性食道炎
対策おすすめ商品

根本から
改善したいなら

生薬製剤イツラック

引用元:生薬製剤イツラック公式HP
http://www.herbal-i.com/re/

生薬製剤イツラック

POINT

根本から体質改善が期待できる3種の生薬を配合。指定医薬部外品だから、副作用の心配がなく安心して続けられます。

公式サイトを見る

頓服
したいなら

ガスター10

引用元:第一三共ヘルスケア公式HP
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/gaster/

ガスター10

POINT

「今すぐ症状を和らげたい」という方におすすめ。約30分で効果が現れる信頼の医薬品です。

公式サイトを見る